東京・埼玉の永代供養・水子供養は定泰寺で。

埼玉永代供養の定泰寺の境内

定泰寺(じょうたいじ)は、檀信徒に限らず東京・埼玉で永代供養や水子供養、その他仏事等、何でも気軽に相談できるお寺です。埼玉で永代供養墓や水子供養、お墓の費用、各種法要、供養、祈祷、通夜、葬儀、斎場のことなど、仏事に関する様々なご相談を承っております。お車では東北自動車道『加須I.C』からすぐそば。電車でも東武伊勢崎線『花崎駅』から歩いてご来山いただける好アクセスです。»埼玉永代供養の定泰寺へのアクセス

埼玉永代供養の定泰寺の境内

境内には、東日本大震災被災地の復興を祈願し建立した「難切招福大不動尊」をはじめ、葬儀・法要・会食等全てまかなえる充実の設備で皆様をお迎えいたします。境内墓地「定泰寺霊苑」では、埼玉でお墓の費用の事でお悩みの方、低価格でお求めやすい墓地をお探しの方、近年の社会情勢やライフスタイルの変化・諸事情にあわせて最適なお墓をお選びいただけるよう、従来タイプの「一般墓地」をはじめ、将来も安心の永代供養墓として2通りの埋葬方法をご用意した「菩提之塔」「涅槃之塔」、お墓の費用でお悩みの方に好評の立体集合型の「立体墓地」といった、定泰寺ならではの新たなお墓のカタチをご提案いたします。埼玉・東京で永代供養や、お墓の費用のご相談、お墓に関するお悩み等、何でもお気軽にお問い合わせください。

また、檀信徒に限らずご縁のある方へ、水子供養など各種供養・祈祷を受け付けております。埼玉、東京でお子様を供養されたいとお考えでしたら、水子供養は是非、当山へお気軽にご相談ください。

埼玉永代供養の定泰寺でのイベントの様子

この他、年中行事を通じて生前中からお寺への親しみをもっていただくために、行事とあわせてコンサートなど各種企画しております。特に大晦日恒例の「除夜の鐘」では毎年多数の方のご来山をいただいております。無料で振舞われる年越しそば等も大変好評で、大変な賑わいの中、多くの方々と新年を迎えることができます。定泰寺の向かいには、葬儀式場【にちりんホール】が完成、環境に配慮した“地球にやさしい”太陽光発電システム、全館バリアフリー等“人にやさしい”充実の設備で皆様をお迎えいたします。

定泰寺の詳細に関しましては、「埼玉永代供養の定泰寺 略縁起」を、ご覧ください。

永代供養の定泰寺からお知らせ

埼玉永代供養の定泰寺 お彼岸コンサート 開催しました 9月23日 秋季彼岸会法要後に尺八(奏者:安島 瑶山 先生)と箏(奏者:神谷 舞 先生)のミニコンサートが開催されました。
荘厳な美しい音色に魅了された、素敵なコンサートとなりました。
2018/09/25
埼玉永代供養の定泰寺 秋季彼岸会法要 開催いたしました 当山では、9月23日 お彼岸中日に、秋彼岸会法要を厳修いたしました。
法要後は、ミニコンサートが開催され、にちりんホールでは『おはぎ・お茶』の接待が行われました。
本年もたくさんの檀信徒様にご参加いただきました。
2018/09/25
埼玉永代供養の定泰寺 スーパーボールすくい・かき氷サービス 8月14日 盂蘭盆会・大施餓鬼会にあたり、かき氷・ところてんの接待の他、昨年に引き続きスーパーボールすくいを開催いたしました。
暑さから、かき氷が大好評でお子様の笑顔にあふれ、大変賑わいのある一日となりました。
2018/08/17
埼玉永代供養の定泰寺 盂蘭盆会・大施餓鬼会・落語 開催いたしました 当山では、8月14日
○15時より 落語【柳家さん枝 師匠】
○16時より 盂蘭盆会・大施餓鬼会
を盛大に厳修いたしました。
30℃を超す猛暑の中、たくさんの檀信徒様にご参加いただきました。
今年も東日本大震災でお亡くなりになられた方々の供養も併せて行いました。
2018/08/17
埼玉永代供養の定泰寺 難切招福の五鈷鈴 奉安 難切招福大不動尊の前に大きな五鈷鈴を奉安いたしました。
五鈷鈴(ごこれい)とは災難を除く力のある密教法具で、諸仏を驚覚・歓喜させ眠れる仏心を呼び覚ますといわれます。
ご来山の際は、この五鈷鈴の中央部をゆっくりと押して鳴らし、悪縁を断ち福を招き寄せてください。
2018/08/11
埼玉永代供養の定泰寺 春彼岸会法要 開催いたしました 当山では、3月21日 お彼岸中日に、春彼岸会法要を厳修いたしました。
法要後は、パンフルート(奏者:大束晋)とピアノ(奏者:花田美佳子)のミニコンサートが開催され、にちりんホールでは『春の和菓子・お茶』の接待が行われました。
一時雪が降る厳しい寒さの中、たくさんの檀信徒様にご参加いただき、『心温まる一日となりました』とご好評いただきました。
2018/03/23
埼玉永代供養の定泰寺 心身浄化佛足跡 安置 当山本堂に『心身浄化佛足跡』を安置いたしました。
心身浄化佛足跡とは、お釈迦さまの足跡をお祀りしたもので、古いものでは紀元前四世紀に遡ります。
乗ることで足の裏のツボを刺激し体を丈夫にすると同時に、一番の役割は本堂の清浄な空気とパワーを感じ取り、口や足の裏から丹田に仏様のお力を取り入れるというものです。
ご来山の際は自由にお乗りいただき、日々の活力を頂いてください。
2018/02/02
埼玉永代供養の定泰寺 なで五鈷杵 奉安 本堂内に大きな五鈷杵を奉安いたしました。
五鈷杵とは、お大師様(弘法大師)が右手にお持ちの魔を払い身を護る密教の法具で、静かに撫でると身に纏わる諸々の因縁や押し寄せる諸悪を防ぐと伝えられています。
ご来山の際は、この大きな五鈷杵に触れ撫でて、日々無事に過ごせますようご加護をお授かりください。
2018/01/11
埼玉永代供養の定泰寺 除夜の鐘で今年一年間を振り返り新たな気持ちで新年をスタートしましょう 本年も残りわずかとなりました。大晦日には恒例[除夜の鐘]を行います。
毎年大勢の皆様がご参拝下さり、除夜の鐘を撞かれた方に記念品を差し上げております。
また、例年通り年越そば・ぜんざい・甘酒のご接待も行っております。
総丈 二丈もある難切招福大不動尊をはじめ、ライトアップされた定泰寺へ
皆様のご参拝を心よりお待ち申し上げます。
2017/12/8
埼玉永代供養の定泰寺 新春大護摩祈祷会厳修 元旦0時/11時/14時に当山では[新春大護摩祈祷会]を厳修いたします。
参拝された方全員に災難消除のお祓いを行います。
皆様の新年の様々な願いをご本尊様にお願いし、新年一年間世の中の安寧をご祈念致します。
例年通り、すいとん・甘酒のご接待を行います。
皆様のご参拝心よりお待ちしております。
2017/12/8
» お知らせをもっと見る